忍者ブログ
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
9 10 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
睦月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
妖怪と神話とミステリと甘いものが好き。腐った話とか平気でします。ネタバレに配慮できません。

カウンター

リンク

ブログ内検索

アクセス解析

Love を Peace 然と語る恋の大根役者

30日に京極夏彦の講演会があったので行ってきました。
話の内容としては、ないものに名前をつけることであるかのように思えるとか、生きにくい世の中を生きるには妄想力が必要でそのためには本を読むべし。おもしろくない本はない。おもしろく思えない方に原因があるとか、まあいつもとブレないなあという印象でした。

その講演会にはサークルの先輩(男性)と一緒に行ったんですが、開場待ちで並んでるとき、青春ミステリの話してたんですよ。ハルチカとか小市民とか。
そしたら数分後、twitter上で同じ講演会に行っているらしき人の「後ろのカップルが小市民シリーズdisってて殺意を覚える」みたいな呟きがリツイートでまわってきまして。
……これ、タイミング的に私たちじゃないですか、と。
カップルだと思われてることがあれなのと、別にdisってるつもりは全くなかったのとで、なんかすごくおもしろかったです。twitter上のミステリ界隈の世間って狭いんですね。そしてたぶんそのツイートしてらした方は同じサークルの友人のお兄さんの先輩らしい、とか。世間狭いなー。
その後、共通の知人繋がりで直接ご挨拶させていただきました。気が気じゃなかっただろうな、と思う。

さて、今は夜行バスに乗ってます。明日のスパコミに向かうところです。薬屋プチ楽しみー。

読んだ本。
『春期限定いちごタルト事件』
再読。
どんなに哀しい事実だとしても分かってしまう、探偵の苦悩とかそういうのに魅力を感じていたけれども今回再読して、小鳩くんに限っては単に性格とプレゼン能力の問題だと思った。感覚的に分かってしまうから説明が下手な部分もあるのでしょうが。
わかってることを全部口に出さないと気が済まないのは、私も小学生のときそうだったけど。
推理が回りくどくてうざったいのは小鳩くんのプレゼン能力が低いのだろうけど、そういう書き方をしていて米澤さんがつまらない作家と思われてしまうのは嫌だなとか。
甘いものに関しては描写はそんなにないから描写がおいしそうというよりは、小左内さんがおいしそうに食べることとか、名前がたくさん出てくることで想像が喚起されるから結果として甘いもの食べたくなる。
言葉まわしが読んでいて楽しい。高校生でそんな言葉遣いする人はまずいないけど、小鳩くんのキャラに合っていて、その意味でリアリティがある。

『「アリス・ミラー城」殺人事件』
『アリス』まみれのガジェットは好き。登場人物の名前もたぶんアリス絡みなんだよね。マッドハッターとヤマネとウミガメくらいしかわからなかったけど。あ、あとドゥードルダムもしくはドゥードルディーかな。
トリックが大仰で、よくこんなものを思いつくなぁと思いました。
いくらトリックのためとはいえ、誰も彼女のことを話題にしなかったのには違和感がある。だってそうだと明言してる人がいるじゃん。状況が状況とはいえ、疑いをもつ人がいなかったのはちょっと、話の中の世界としてはおかしい気がする。
磁気が~とか酸性雨が~とか、そういう問題を書くのが北山さんは好きなのかしら。

拍手[0回]

PR
2012/05/03 (Thu) 未選択 TB(0) CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
Trackback URL