忍者ブログ
2018.07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
睦月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
妖怪と神話とミステリと甘いものが好き。腐った話とか平気でします。ネタバレに配慮できません。

カウンター

リンク

ブログ内検索

アクセス解析

『男ふたりで12ヶ月ごはん』

BLじゃなかったのか!
てっきりそうだと思ってたので、手をつなぎすらしなかったことにびっくりした。
プランタンから、しかも単行本でよく出したなって思いました。
なんだろうね、ラブじゃないけど一緒にいることが心地よいふたり、みたいな。
でもこのレーベルから出てるからには、恋愛に転ぶことがあるかもしれないのかしら。
同じ作者さんの別作品に出てくる伊月くんと筧くんもこれくらいの距離感か、もしかしたらもっと近いかも……と思うし、女性向けキャラクター文芸でもっと距離感近い男同士のキャラもいそう(一般的なイメージ)なので、本当にあえてこれをプランタンから出したのが謎だなあと思いました。

そんな感じで、
芦屋に住む眼科医の遠峯のもとに、高校時代の後輩でスランプ中の小説家白石が転がり込んできた。ふたりの共同生活は、美味しいごはんを食べる1年間だった。
という感じのあらすじ。

やっぱりとにかくごはんがおいしそう。食べたい。
もちろん手づくりもあるんだけど、実名で出てくる芦屋・神戸・大阪のお店も多くて、まるで観光案内。
手づくりでも、出てくるものの振り幅が大きくておもしろかった。
前夜の生姜焼きの残りとサトウのごはんで卵とじ丼にした簡単昼食もあれば、手羽で出汁を取って但馬牛コロッケを載せたカレー、厚切りハムのトーストといった贅沢なごはんもあって。
外食だと、前菜がメインの神戸中華と、オーソドックスなフレンチの前菜あたりが特に心惹かれる。
そしてスイーツ!
遠峯先輩が甘党なので、甘いものがいっぱい出てきてときめきました。
ガリガリ君からアンリ・シャルパンティエのザ・ショートケーキ、すやの栗きんとん、パティスリーのケーキなど……。食べたい……。
デメルのミントチョコとか絶対美味しいやつじゃんそれ。
京都にいた頃に芦屋に行かなかったことが悔やまれる。
芦屋・神戸食べ歩きしたい。
……と、欲望全開な感じになってしまいます(笑)

料理がメインで、キャラクターやストーリーはサブ的な位置にある小説だったかなと思うので、料理の感想ばっかりになる。

キャラクター……BL的にいうとどっちが攻めなんでしょうね。
でもあんまりこのふたりがそういう雰囲気になるイメージがわかない。
恋愛じゃなくても一緒にいて心地よい関係はそれはそれで良いものですよね。

ちなみに私は遠峯先輩が好きです。
かっこよくて面倒見がよくて甘党ってギャップ萌えの極地じゃないですか。

白石の自作キャラクターとの付き合い方は、椹野先生自身のスタンスなのかしら。先生も経験しないことは書けないというようなことを何かで言ってらしたし。
キャラクターがどう反応するか考えながらご飯食べるのは、ちょっと楽しそうでやってみたいなと思った。

あと、ラストシーンでお花見してた河川敷ってたぶん、ばんめし屋の近くですよね。
ドラマで映っていた桜並木の河川敷を思い出した。
クロスオーバーSSとか書いてほしい

拍手[0回]

PR

『砂漠で溺れるわけにはいかない』

ニール・ケアリーシリーズ最終巻。
……文庫解説にある、「そう遠くない将来にこのシリーズを再開するつもり」というのはその後どうなったのでしょうか。

後日談という雰囲気で、短い話だった。犯罪や事件というよりも、人間ドラマに重きを置いた感じ。
カレンとの結婚式を2ヶ月後に控えたニールのもとをグレアムが訪れ、ラスヴェガスから戻らない86歳の老人を連れ戻す「簡単な仕事」をもたらす。
ニールは子供をほしがるカレンに戸惑い、元コメディアンの老人に手を焼かされ、砂漠の真ん中で溺死しかける。


ニールや他の人の視点だけでなく書簡体や日記体など、章ごとに違った文体で書かれて進む途中からの構成はわりと好きな部類です。
この手の趣向はミステリ的な部分とうまく噛み合っているとすごく好きなんですが。「リヴァイアサン号殺人事件」とか。
そこまでうまくいっているというか、別にミステリ度は薄いしなぁ。
脇役に好感を抱くという意味では成功してる試みだと思いました。
クレイグとパミラの間に生まれたロマンスはなんとも応援したくなるし、ホープの日記は女学生のような純真な可愛らしさがおかしい。「腹心の友」って赤毛のアンでしたっけ?

最初にナッティが失踪したあとのウェイターの言葉にはっとさせられた。
笑うと笑わせていただくの違い。
なんだか恥ずかしくなる。
老人というだけで惻隠の情を抱く上から目線を看破された恥ずかしさ。
年老いて第一線の流行からは取り残されていても、身につけた知識や技術と活躍の場所は残されているんだという気づき。
まあ、あちこちに飛ぶ同じ話を延々ループするのはご愛嬌という感じでしょうか。
うん、読んでてもちょっとうんざりさせられた。  

ニール自身の内面にフォーカスした話で、彼が人生をどうするかというのがテーマだと思うんですけど。
4巻のあの取って付けたような大団円のあとの5巻を、こういうラストにするのかと驚いた。
えー、ハッピーエンドじゃないの?
と一瞬思ったんだけど、いやオープンエンドの方が「その後」が出る可能性に期待できていいんだけど。
1巻や2巻の、仕事を終えて孤独に隠遁するオチと表面上は似ているけど、内面的には変わっている……んだよね?
はじめからこの幕切れに至るつもりだったなら、4巻のラストをああはしないでほしかったかなぁ。

母親とその幻影に対する心理的な影響以上に、父親の不在がこんなにも影を落としていたのか。
「父さん」はそれを埋めることはできなかったんだ。
強い絆はあっても、生物学上の父親ではない以上、父親像は与えられないんだというのが少し寂しかったです。
とはいえ、この話の最後では違った見方になっているのかなと思う。
家族を知らないのが負い目だということは、1巻で初めてのガールフレンドができたときからずっとニールにつきまとっていたけれども、ついにそれに立ち向かおうとした。

前巻の感想で、26歳にもなると「ナイーブな心を減らず口の陰に隠して」もいられなくなるのかとがっかりしたと書いたんですが。
そのどちらもまだ失われてはいなかったのでほっとしました。
もちろんストリート・キッズの頃から変質はしているけれども。
カウンセリングを受けたら……いや、それでも本質的な性格は変わらないのかな。

ところで今回のタイトルすごくかっこいいですよね。
それを回収するかたちでのラストの文章もなんとなくかっこいい。
語感からか、「海へ出るつもりじゃなかった」が思い出されました。

拍手[0回]

『ウォータースライドをのぼれ』

今回はウォータースライドをのぼっていたの一瞬だったなぁ。
というわけで、ニール・ケアリーのシリーズ4作目。

ネヴァダ州オースティンでカレンとともに暮らしていたニールのもとに、例によって例のごとくグレアムがやってきて、朋友会の仕事を命じる。
それは、人気テレビ司会者のレイプ疑惑事件で、被害者のポリーを裁判で証言できるように鍛えることだった。
しかし、様々な思惑でいくつもの勢力が彼女を探し出そうとしていた――。

というのが今回のあらすじ。
ストーリーは楽しくておもしろかったのだけれど、正直なところがっかりしてしまった。
なんていうか、26歳にもなると「ナイーブな心を減らず口の陰に隠して」もいられなくなってしまうんだなというがっかり感。失望。
たとえば、学生時代にセンスの煌めく創作をしていた人が、就職して何も生み出さなくなってしまったときのような寂しさ。
ニールが心の平穏を手に入れたことは喜ばしいと思うんですけど、その一方で青春というか若さゆえの青さと輝きが失われてしまったことがかなしい。
ストリート・キッズのそこのところが一番好きだったので。シリーズ読んでも、ストリート・キッズがその点では最高でどんどん薄くなっていってついに消えてしまった。
きっと、作者の目指していた方向性と違うものを期待してしまったのでこんな気分になっているんだと思う。

あと最後の大団円がすごくチープに感じて。それもあって、ニールの魂の平安を素直に喜べない。
何あのみんなハッピーになる感じのその後の紹介。アニメやマンガで最終回の最後にありそう。
その人はそうなったのね、みたいににやっとしたところはありました。
解説によれば意図的なものらしいですが……。

話自体は本当に読んでておもしろかったです。
わりと初めのほうから、訴えられた司会者や一儲けしようとする人たちやマフィアや殺し屋といった、朋友会に対抗しようとする勢力の存在が描かれ、あっという間にニールたちの居場所を突き止められてしまう状況のサスペンス感にハラハラドキドキした。
とはいえ、ポリーを巡っていろんな思惑の人たちがいすぎて、誰が何を目的にどこと繋がっているのかが若干分かりにくかったです。
ニール自身にも朋友会にも分かってなかったから仕方ないけど。
だからそれに関する謎が最後の方で明かされても、頭の中でよく整理できてなくて、驚ききれなかった。
というか読み終わったあとでも、フォーリオとポリーの意図があまりよく分かってないです。そもそものはじまりの。

ニールの英語教室も楽しかったです。
ポリーの台詞が方言と俗語まみれで、これって言語だとどういう感じなんだろう。
「ひ」と「し」の発音って何にあたるのかしら。
日本語としても、これってどこかで実際似使われてる方言をもとにしているのか気になる。
語尾とかのイメージからなんとなくフレイア(マクロスΔ)が浮かんできましたが。
女性陣に集団で責められてたじたじになるニールもなかなかおかしかった。


そして、杉江松恋の解説がとても興味深かったです。
1巻〜4巻の内容がそれぞれ、作中当時のアメリカの状況を表しているというお話。
自分で読んでいるだけでは気づきようのない視点なので、そういうことを提示してくれる解説はありがたいです。
3巻読んだときも感じたけど、今の日本もわりとこんな感じですよね……。

その解説によると4巻のテーマは「馬鹿になったアメリカ」らしいですが、フェミニズムやイタリア系移民の問題も副次的なテーマなのかなと思いました。けっこう存在感が強かった。
それらの問題も、実際にこの時期のアメリカで持ち上がってきていたものなのかしら。

フェミニズムというか、ニール・ケアリーシリーズに出てくる女性ってわりと聡明で強かな人が多いイメージです。
性格としては聡明で強かでも、それでも犯罪組織や男性的社会の食い物にされるヒロイン像が共通している気がするのですが、どうなんだろうその辺。
ニールの母親のトラウマ(?)的に、そういうシチュエーションに彼を追い込んでいくストーリー構成をしているのかしら。
それとも単に当時のアメリカを書くとそうなるのか、作者の好みか。


あと気になったのは、シリーズが進むにつれてどんどん作中で死ぬ人の質が変わっていっていること。
1巻では誰も死ななかった。
2巻は、チンピラのボディガードの少年(これがニールにとって初めて見た死だと書かれていた)と、そのときの戦闘していた相手、そして峨眉山で死んだ人々(ネタバレなので曖昧に書いてます)。過去の話は今は置いておきます。
3巻ではカルト教団の人たちとインディアン。そして何より、ニールが初めて人を殺したのが印象的だったと思う。
こうやってまとめると、2巻や3巻で死んでるのって、「悪い人」が大半なんですよね。
悪い人って言うと感覚的だけど、何かしらの罪を犯した者だったり、犯罪組織と関わりがあったり。
もちろん例外はありまして、ショショコは悪くないどころか良い人だったけど。
でも今回殺された人たちって、ニールや朋友会側にとっては邪魔になる行動をしたけど、悪人ではなかったと思う。
特に酒に溺れてしまったウィザーズは哀しい。ニールやグレアムの反応が、哀しさに拍車をかけてますよね。
ウィザーズももうひとりも、マフィアに金銭的弱みを握られていたという意味では、ポリーを害する行動はしていたけどある意味被害者だったと思うんですよね。
プレーオフは完全に「悪者」なので、まあいいんですけど。
この傾向もまた、少年が大人になっていく過程での変化なのかなとなんとなく思っています。

プレーオフは完全に「悪者」で殺し屋なんだけど、なんとなくかわいい。
過剰書きで分析や対策を挙げていて合理的な殺人機械っぽさを醸し出しているのに、ことごとくうまくいかないのが、なんともいえないおかしさで、そのギャップがかわいい。
緊迫した雰囲気だったけれども、犬とかバットとかギャグじゃないですか。
最期まで変わらず滑稽で。
なるほど、喜劇ってこういうことか。

ウォータースライド自体も、意味不明でおかしい。日本人の設計によるサムライ・ウォータースライド「バンザイ」とは。
どことなくアメリカナイズされた謎ニホン観があるんだけど、仏陀の鏡の中国はあんなにリアルだったのになんでだ。
初めはスプラッシュマウンテン的な車に乗るタイプのだと思ってたんだけど、読んでるとどうも身一つで滑るプールのウォータースライダーっぽい雰囲気が濃厚で、なおさら頭おかしい。
そんなトンデモアトラクションなのに、砂袋が落ちたところの描写が伏線になってたんだと後で気づいてなんとなく悔しい。

拍手[0回]

「ボートの三人男」

「犬は勘定に入れません」(コニー・ウィリス)を読んで元ネタ(?)的なこっちも読んでみたかったんですけど、犬勘定読んでからもう半年近く経っているっていうね……。
章の初めにダイジェストがあるのも、ここからきていた形式だったんですね。
新訳が出ただか出るだかという話も聞いた気がしますが、丸谷才一訳です。

三人の男(犬は勘定に入れずに)がテムズ川をボートで小旅行する話。
ドタバタあり美文調の風景描写ありで、クスリとする感じでとてもおもしろかったです。
あと、思ったより全然読みやすかった。
ユーモア小説だからですかね。古いし翻訳だしという二重苦にもかかわらず、文章を追うだけじゃなくて普通ににやっとできました。1章あたりが短かったのも、読みやすさの原因かもしれない。
とはいえ、英国史や地理に関する記述は知識に乏しいので厳しいものがありましたが……。
はじめは彼らがどこからどこまで行くつもりなのかすらよくわかってなかったからね。いや、でも結局そこはどうでもいいんじゃないかという気もするんですけど。
川を漕いでいく間に、いろんな話が挿入されていく小説で、そこの語りがおもしろかったので。
イギリスの人は大量の親戚や友達がいて、何かあれば「そうそう知り合いのあの人もね……」みたいな話をするんだな、というイメージが刻まれました。ミス・マープルもそうだし。
いやほんと、この小説の筋運びはだいたいそんな感じなんです。
実際起こっていたことが半分、歴史や地理的な解説がちょっと、残りは以前経験したことや知人の話の笑い話みたいな。
あと意外と出発までが長かったです。

なんとなく犬は勘定に入れませんのイメージで、三人の男たちは学生か高等遊民だと思い込んでいたので、ジョージがシティで働いているってのにまずびっくりしました。思ったよりいい年なのかもしれない、この人たち。え、それでこの生活力のなさってどうなの……?19世紀イギリスではありだったのかしら。でもどっちにしろお金に困ってなさそうだし、仕事していても高等遊民なんじゃないかしら。
だって仕事に関する主人公の言い分がすごかった。
「ぼくは仕事が大好きだ。何時間も坐りこんで、仕事を眺めていることができる位なのだ。」
と言って、「愛」の名のもとに仕事をしないということを言い立てている。(第15章)
これは普通の仕事している人じゃないでしょう。
主人公は明らかに著者自身なので、作家ならこういう主張もありなのかしら?

主人公含む三人の言動の何がおもしろいかって、客観性がないことなんじゃないのかなって思った。
冒頭の致命的な百七の病気にかかっているという発見からしてそうだった。
客観的に、物理的に、現実的には全然そんなことないなんだけど本人は途方もないことを思い込んでいる(ように読める)ことのギャップによるおもしろみ。
あといろんなものを擬人化しているのも滑稽さをかもしだしていた。
第10章の湯沸しの抵抗とか。マーフィーの法則的に、見ているとなかなかお湯が沸かないもんだけど、それをこういう風に書くとおもしろさが増す。
で、その後に続く胃袋の擬人化では、滑稽味を通り越して一種の風刺のような人生訓のようなものまで感じました。
われわれは胃袋の哀れな奴隷に過ぎない。

そして彼らみんな性格が悪いからね!
いかに自分が楽かを考え、他人の失敗を笑い、自分が害を被ればひどく罵る。
その様子もまたおもしろく読んだところのひとつでした。
主人公も地の文だと一人称「ぼく」だけど、発語では「おれ」なんだよね。最初ちょっと面食らったけど、実際の会話はくだけた言葉の方が似合ってそうな雰囲気だった。
オチにはちょっとびっくりしたけど、普通に旅を終えるよりも「らしい」気がしました。

好きなシーンはいろいろありました。
第2章の「夜」の詩的表現とか、第5章の駅で汽車探しからの南西鉄道とのやりとりとか、第6章の今日の安物が未来の骨董品となるかについての瞑想とか、
パイン缶との格闘とか(そういえばもうパイナップルも缶詰も日常的にあるんですね)、ヘンリー8世時代のイギリス国民の試練とか、みんなが釣った石膏の魚とか、etc……。

パイン缶もだけど、19世紀イギリスの生活がこうだったのかなとわかるのも興味深ったです。
ボートで川を遡るときって、漕ぐだけじゃなくて曳くんだとか、テムズ河に閘門がたくさんあるのかとか、墓を見るのが流行してたのかとか。

ネッドがすれ違ったのってどこでだったっけと思いながら読んだけれども、あんまりピンとこなかった。イフリーとオックスフォードの間だったような気もするけど。

拍手[0回]

『あしながおじさん』

実は今回初めて読みました。
読んだことがなくても、いろいろなところで言及されているし、ほかの小説でも触れられたりするので、あらすじはなんとなく知ってたんです。
孤児のジューディがあしながおじさんに援助を受けて大学に通い、最後には結ばれる、って。

読んでみて思ったのは、あらすじではなく文体を楽しむ小説なんだってことでした。
手紙というかたちで綴られる、いきいきとした女の子の性格そのままの文章。
こういう古い外国の児童文学作品って、登場人物がその年齢で想像するよりも大人なように思えることが多い気がするんですけど、ジューディはむしろ17歳よりは幼い感じがしました。
思ったことをそのまま書いている率直さが幼いように感じたのかもしれない。
あと最初の頃は特に、孤児院育ちで世間ずれしていない感じだったからかも。

作文の才を見込まれるだけあって、ジューディの手紙の文章はよかった。ユーモアがあって、女子学生らしい興味とか、無邪気な自己肯定感とか。
ときどき読んでいるものに影響された文体になったりしているのもかわいい。
特に好きな言葉が2箇所ありました。
「人生で、りっぱな人格を要するのは、大きな困難にぶつかった場合ではないのです。〜(中略)、毎日のつまらないできごとに、わらいながらあたっていくには、――それこそ勇気がいると思いますわ」(岩波少年文庫版p86)
というところが人生訓的にとてもよかった。
もうひとつは、恋について書いているところ。
「月の光が美しいのに、あのかたがここであたしといっしょにながめてくださらないから、あたしはあの月の光が憎いのよ」
夏目漱石(ではない)か!と思いました。月が綺麗ってたぶんこういうこと。
そしてこれに続く、「もし恋したことがおありだったら、あたしが説明する必要はありませんわね。もしおありでなかったら、あたし説明はできませんわ。」のそのとおりなんだけどなんともいえないおかしさとかわいさ。
失恋して悲しんでいるところにこういう文章を持ってくるのがジューディの性格だよねって思った。

買った服や帽子を報告してるところや、食べたお菓子の話、レモンゼリーで満たしたプールなんて、すごく女の子的でかわいい。
いっぽうで、参政権がないことを不満がったり、自分の主義を決めたり(フェビアン主義!世界史の教科書で見た)孤児院の経営について考えたり、自立した女になろうとしているところも、この時代の理想的な女子学生像なのかなと興味深く思った。
はつらつとしていて、あなたははげてますかなんて失礼な質問をしても、完璧な敬語で手紙を認められるのとか、教育されている女の子感がすごい。大学まで出たけれど、こういう言葉遣い私は身につかなかった。
ところでこの時代、女子大学を出た女の子は卒業後どういう進路についたのだろう。
ジューディは農場に行って作家やってるけど、それはどう考えても主流じゃないし。友達も働いてる感が薄かったので、地味に気になってます。

時代といえば、アメリカと日本が開戦するみたいなたとえがあってどきりとした。戦前というかWW1以前だけど、そういう雰囲気があったんだろうか。


書簡体小説だから、語り手が手紙に書かないことを読者は知りえない。だから書かれていることが全部だと思ってしまうけど、でも実際には書かれている以上のことが彼女の人生には起きている、っていうことを端的に示していたのが最後の方でジャーヴィスといい仲になっていたとあかされるところだった。
その差異があることを児童文学でやるのって、意義があるんじゃないかと思いました。
書いてあることが全てじゃないこと。行間から読み取れること以上に、作品世界には奥行きがあること。
もっと推し進めて、他人について自分から見えることはごく一部であること。その人にはその人の人生や人間関係があって、重なっているところだけを知りうる。
たとえばTwitterとかでも、ツイートにないことは考えたり行動したりしてないと思い込んでしまうこともあるけど、そうじゃないよねって改めて思った。

岩波少年文庫版(遠藤寿子訳、初版1950年)で読んだので、固有名詞の訳し方がちょっと違うのかなって思いました。
ジューディが読んだ本を挙げるところとか。
『リットル・ウィメン』は若草物語かな。塩づけのライムが出てきていたような。



少しだけ、
文筆の才能を認められて開花させる少女を、羨ましいと思ってしまう。
その資格すらないけれど。

拍手[0回]