忍者ブログ
2017.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新記事

プロフィール

HN:
睦月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
妖怪と神話とミステリと甘いものが好き。腐った話とか平気でします。ネタバレに配慮できません。

カウンター

リンク

ブログ内検索

アクセス解析

ねえ 君のこと 信じていいかな

今日は地元の一宮に行ってきました。
祭神が大国主命なので、お詫びと報告ついでに。
あれでも、一応そう名乗っているのでやるべきかと思ってやったことなんだけど、よく考えたらまずかったかも。
ナマモノやってる人が本人に「すいません、妄想してます」って言うのと似たようなものじゃないですか。だったら、気分悪いだろうね。
でも黙ってて祟られるのもなぁ…。

それと、もう一つ行った神社が主ではないけどタケミカヅチとタケミナカタをどちらも祀ってて、えげつないと思いました。
そしてその神社から裏手の池に行くまで、道無き道を歩いて……。
正直、山の中では案内してくれた友人を疑ってましたよ。
着いたからいいんだけどね。池も綺麗だったし。

ところで、部屋の掃除をしていたら、美術館の古い館報があって、そこに『特別展 未明童話を彩る画家』みたいな宣伝が載ってたました。
…礼かな。
と、実在しないこと分かってても考えてみたくなること、ありますよね。

最近読んだ本。
「海に沈んだ町」
何かタイトル妙にリアルで嫌だなあ。
部外者だからそんなことを言ってられるんでしょうが。
願ってます。いろいろと。

内容について。
相変わらず不思議がすぐそこにあっても、人の営みは変わらない話でおもしろかったです。

しりとりというか、小説に出てきたフレーズや事象が次の短編のタイトルやテーマになってるんですね。

三崎さんの書く恋愛の話は優しくて好きです。
影の話にしろ、遊園地の幽霊にしろ。
ペアの落ちがよく分からなかったなぁ。読解力不足です。
つまり、どういうことなんですか?

「スロウハイツの神様」
正直、うらやましいし、悔しい。
私もクリエイターになりたい。でもそんな強烈な個性は持ってないよ。
だから悔しいって言葉も思いあがりかもしれないけど。

理帆子素敵になったなぁ!
仕事してるの見ると感慨深い。

幹永舞と鼓動チカラについては、予想通りでした。
天使ちゃんは意外だったけど、伏線が繋がっていくのを見るのは快感だった。
っていうかどんだけ売れてたらそんなことできるの。プラズマテレビとか。

うん。ストーキングと純愛は紙一重だよね。
結局、両想いなんじゃん。
…『子供たちは夜と遊ぶ』のときよりも軽い気持ちでこの言葉が言えてよかった。
これから、彼は知っていたことを言うのかな。…言わないのだろうとは思うけど。幸せになれればいいね。

環みたいな女の子、辻村さんの本ではよく見かけるような気がする。
強い。強さだけじゃなくて痛さも感じさせるけど、憧れる。眩しい。
月子も、理帆子も、みずほやチエミも、環も、そんな人が現実に身近にいたらきっと友達にはなれないと思うんです。
でも、憧れる。

V.T.R.読みたいな。

拍手[0回]

PR
2011/03/25 (Fri) 未選択 TB(0) CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
Trackback URL