忍者ブログ
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

HN:
睦月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
妖怪と神話とミステリと甘いものが好き。腐った話とか平気でします。ネタバレに配慮できません。

カウンター

リンク

ブログ内検索

アクセス解析

ループして落ち込んで

日付変わってしまいましたが、11日は秋さんお誕生日でしたね。
おめでとうございました。

3月に出るらしい高里先生の新シリーズが楽しみで仕方ないです。

さて。
先日言ったように、日曜日には伏見稲荷大社に初詣に行ってきました。
その次の日くらいに高里先生の偽兄姉お二人がお参りしてらっしゃったみたいですね。ニアミス……でもないか。
ってことは、高田崇史の新刊は伏見稲荷の話なのかしら。ドキドキ。
行ってみたものの、稲荷はやっぱりよくわからなかったです。
鳥居守ってるお狐様イケメンでした。と言ったら、同行者に笑われました。狐をイケメンとは言わないでしょ、って。
いやだって本当にシュッとしてて格好良かったんですって。
全部じっくりとは見ていないですが、一峰までは登ってきました。
本当にずっと鳥居が続いてるんですね。確かにあれだと、鳥居に閉じこめられる怪談も説得力あるわ。むしろ私は、鳥居の中だからこそ山中のあやかしから身を守れる、神様が守ってくれるように思えました。
そして塚がすごかった。あんなに神様がいたんですね。それを人間の勝手な都合で主神からは省いて、それでも祀られてるんだからすごいと思います。
あと、山の下の方にあったあやしげな道教の何かが気になりました。神仏集合にも程がある! あれも伏見稲荷の一部なの? 別の宗教法人っぽかったけど。観音がなんかマリア様っぽくって、でも神社の中にあるってなんかおかしいよね。
うずらやすずめの焼き鳥を食べなかったのは少し心残りです。
あと、狐の面もちょっと欲しかった……けど、飾る場所もないし高いしで諦めました。

読んだ本。
『ルー=ガルー 2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 上』
『ルー=ガルー 2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 下』
全巻の記憶がかなりおぼろげだったわけですが。
女の子たちかわいい。
神崎ってあれだよね。邪魅の話も出てきてテンションあがりました。
前作は魍魎の続きで、これは邪魅の続きだから、そのうち姑獲鳥とか絡新婦の続きみたいなのも出る……といいな。
小山田さんの登場で、彼女たちも動きやすくなっただろうし。
というか、神崎の子孫が出てくるならいつか京極堂や榎さんの子孫も登場するって、私信じてるから! むしろ本人たち生きてるかもぐらい思ってるから(笑)
関口に子供がその後できたかはわからないし、ぬらりひょんのときには死んだ言われてたし、あれですが…。
ねぇ、榎木津グループとか出てこないの?

不老長寿って単語を見て、くんほう様!? って思ってしまった。
毒のキスって心惹かれるシチュエーション。白雪姫や茨姫の逆ですね。唇に毒をぬって僕の部屋に来たでしょう、ってやつですね。

拍手[0回]

PR
2012/01/12 (Thu) 未選択 TB(0) CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
Trackback URL