忍者ブログ
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
9 10 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
睦月
HP:
性別:
女性
趣味:
読書
自己紹介:
妖怪と神話とミステリと甘いものが好き。腐った話とか平気でします。ネタバレに配慮できません。

カウンター

リンク

ブログ内検索

アクセス解析

「らしくいろよ」とシャウトして 唄うよ

愛のWarrior、かっこいいですね!(記事タイトルとはあまり関係ありません)
彼らの歌は初めて聞くと心が震えるのです。大好きです。
フルで聞くのが楽しみ。武道館でやってくれるかな。

金曜日に、神社巡りをしてきました。
行ったのは、
白峯神宮→上御霊神社→猿田彦神社→北野天満宮→平野神社→大将軍神社→菅原院天満宮神社
でした。
なんといいますか……、趣味のまま赴くと、怪しげな神社ばかりになるんですよね。
怪しげってのは神社の格とか佇まいではなく祭神の由来ですね。怨霊好きです。
いつの間にか御朱印帳もあと1ページです。
狙っている御朱印帳も一応あるのですが、そのために買いに行くのが面倒なので、ページがなくなったらそこで買うみたいなことになりそうです。

土曜日には、サークルの方々と甘味巡りをしてきました。
草わらび餅→琥珀流し→白玉クリームあんみつ→ミニみつまめ→黒みつミルクソフトかき氷→みたらし団子2本食べ比べ→あんみつ→心太(黒みつ)→ほうれん草とチョコのシフォンケーキパフェ
でした。
ちなみに、金曜日にも北野で粟餅をいただきました。
京都を満喫してます。観光するためにこの大学に来たといっても過言ではないので、楽しいこと限りないです。


さて。
流行に乗って、インタビューズというものを始めました。
聞きたいことがありましたら、インタビューしてください。聞きたいことがなければ、作ってください。……冗談です。


読んだ本。
「水没ピアノ」
ラノベっぽい。
勧めてくれた友人の趣味が少し分かりました。なるほどね。彼女は薔薇のマリアや十文字さんの他の作品も好きな人です。
読むならシリーズ1作目から読んだ方がよかったのかしら。トリビュートのは読んだことあるけど、なんだかちっとも分からないよ。
内容ですが……まさかそこが繋がるとは! という驚きはあったのですが、読んでいて気分が悪いですね。どんなに詭弁を弄しても事実は変わらないのに、いい加減認めろよ、と思う。ルサンチマンね、なるほど。
なんか、誰も幸せになっていないみたいで。幸せは所詮主観だから、自分の不幸を知らなければ幸せなのかしら。でも逃避を認めたくはないのです。

「星を泳ぐサカナ」
朝丘先生大好きです。
キュンキュンして、こっちがベッドの上で泳いでました。優太郎かわいいよ。本田さんかっこいい。意地悪な攻めはほんと初期の頃のキャラクターのようで、懐かしかったです。私はアキとか皐月とかに慣れてたから成瀬さんや雅さんや能登先生あんまり好きになれなかったのかと思いいたりました。
朝丘先生下着の貸し借り嫌って言ってたからつまりこのシーン……て考えたり考えなかったり。
メタな視点で、ここの本田さんの台詞はこういう心理かなって考えられちゃうんだけど、台詞だけ見ると悲しいし優太郎はそれを知らないのだから意味ないしって考えて、ぐわぁってなりました。
好きだけど独占したくて傷つけることしかできなくて、痛い。でも一緒にいたい。相手の幸せを望んでいるのに、すれ違う。愛しい。
恋愛っていいなぁ。こういう恋、してみたいですね。恋愛欲高まります(笑)

うん。影響というより、憧れに近いです。こういう話を書きたい。この言葉選びのセンスがほしい。甘くて痛くて切なくて優しい話が好きなのは確実に朝丘先生の影響です。たぶん刷り込み入ってると思うよ。初めて読んだBL小説でしたから。もし初めてがえろいのだったら私もそういうの書けたのかしらと考えてみるけど、春恋から始まったのは私にとって良いことでした。朝丘先生の作品と出会えたのは。中1のときのクラスメートだった彼女や彼にお礼を言いたい。
まあ次に読んだのが南原兼だった(コバルト文庫の某シリーズが市立図書館にあって)(今思うと謎です)から、初めてとかそんなに影響ないと思う。

拍手[0回]

PR
2011/09/11 (Sun) 未選択 TB(0) CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
Trackback URL